株式会社かもめプランニング

「伝えること」と「伝わること」

早いものでカモメプラニングとしてスタートしてもう28年が経ちました。
広告制作プロダクションとして仕事をしていて「プランニング」と社名につくのは、
ちょっと違和感を感じるかもしれませんが、
デザイナーではなく制作ディレクターからスタートした僕としては、
あらためて「プランニング」という仕事のスタンスを大事にしていきたいなって思っています。
というのは、「伝える」ことが広告の目的なら、
狙いどおりに「伝わる」ための手段を考えることがプランニングだし、
難しいしいけど一番やりがいがあっておもしろい部分なんですね。
僕はある意味、広告って人を介しない勧誘行為だと思ってます。
いいことばっかり並べてると、「本当?」って疑いの目でみちゃいますよね。
だから伝えたいことが、ほんとうに伝わるってどういうことかを、
自問自答しながら徹底的に表現を練るのが好きです。
伝えたいメッセージは一方通行じゃなくて、受け手が共感できる要素を探し出すってこと。
僕はこれからも、この「プランニング」ということにこだわっていきたいって思っています。

2018.4 岸 洋希